丸石製薬株式会社RECRUIT2020 丸石製薬株式会社RECRUIT2020

Question01

現在の業務は?

東日本支店の営業本部に所属するMR(医薬情報担当者)です。医師のパートナーとして、適切な情報の提供や収集を行っています。おもに周術期領域に関連する麻酔薬や感染対策に必要な消毒薬を取り扱っているため、面談の対象となるのは麻酔科の医師や病院の感染症委員会などに属するコ・メディカルの方々です。製薬業界の営業活動には他業種では見られない倫理規定があり、最近では病院の訪問ルールや宣伝許可の取得義務、採用薬に関する1増1減の基本原則が設けられるなど、求められるハードルが高くなってきています。そのためメールやWebなどを使った情報提供や、文献や資料の郵送手配など、対面以外の方法で行うアプローチにも力を注いでいます。

Question02

どういったところに仕事のやりがいを感じますか?

私たちの仕事には、患者様の治療への貢献を最優先としながらも、営利を追求していかなければならない難しさがあります。だからこそ自社医薬品の適正使用のための情報提供を通じて、結果的に医師(病院)に採用をいただけたときは、やりがいもひとしおです。

Question03

仕事をしていて大変だなぁと思うところは?

病院で働く医療従事者や医薬品の流通を担う卸業者に対し、うまく立ち回れるかが難しいところです。良い関係性を構築するまでは大変ですが、結局は人対人。知識やトーク力など何かしらストロングポイントがあればコミュニケーションは図れるので、日々、努力を重ねています。

Question04

入社して一番印象的だった出来事は?

上司や先輩が本当にいい人たちばかりであることが印象的でした。支店長をはじめ、マネジャーやチームリーダーなど、皆一様に優しくて頼もしいです。私は東日本支店のみの経験ですが、全体会議などで西日本支店の先輩たちから声をかけてもらったときにも、人間関係や雰囲気が自分に適した社風だなと感じました。

Question05

今後のキャリアプランは?

自社製品の知識を増やすのはもちろん、同効薬についての勉強や、大学病院でのMR活動を通じて得られる経験にも磨きをかけて、チームリーダーからマネジャー、そして支店長へとステップアップしていきたいです。スペシャリティファーマの一員として、当社が得意とする周術期領域・感染対策領域の専門性を高め、同領域市場をリードする存在の一翼を担えるよう努めます。

Question06

丸石製薬を通した自身のスキルアップは?

専門性の高い領域で活動している分、我々を必要として頼ってくださる医療従事者の方は多くいらっしゃいますし、若手のうちから裁量権をもって働けることで、広い視野も培えます。これが結果として、相手の気持ちをくみとる力、相手が必要としていることへの察知能力や提案力を高めてくれています。

Question07

丸石製薬の「和」の魅力は?

言葉にするのは難しいですが、働いている社員は感じているものだと思います。文字がもつ意味どおり、やさしく、相手を大切に、協力し合える関係ができていると感じます。その気質がなくても、いつの間にかそんな人間に成長させてくれるのが丸石の「和」の魅力ではないでしょうか。かくいう私もそうでしたから。

休日の過ごし方Holiday

最近はアウトドアにはまっています。とくに釣りやキャンプ、BBQが好きで、休日はテントを張って山にこもり、川や海でひたすら釣りとBBQをしています。平日でも夜の食事を飯ごうでつくったり、こだわりの鉄板でお肉を調理したりしています。帰省した際には近所の友人を招いて、家のガレージでも毎日BBQ! アウトドアグッズのショッピングにも頻繁に行くようになり、今では完全に虜です。

入社を希望される方へのメッセージをお願いします。Message

丸石製薬のMRは、先輩や上司から細かい指示を受けることはありません。個人の裁量権が大きく、スケジューリングにも自己管理が必要です。営業スタイルはさまざまですが、エリアのためにと一生懸命になれる、チームプレー精神あふれるメンバーに恵まれています。“One for all, All for one”の精神に共感される方、ニッチな領域で専門性の高い知識を身につけたい方、少数精鋭部隊の一員として責任感をもって働ける方、心よりお待ちしています。