丸石製薬株式会社RECRUIT2020 丸石製薬株式会社RECRUIT2020

Question01

今振り返ってみて、就職活動はどうでしたか?

私自身、就職活動は満足出来るものだったと感じています。その理由は自分が入社したかった丸石製薬に入社することが出来たからです。私は就職活動を大学2回生の春休みに始めました。業界研究から始まり、様々な企業の説明会やインターンシップ、選考に参加しました。エントリーシートや選考で落ちることも多々ありました。自分の就活に不安と焦りを感じる事も多かったですが、溜め込まず、友人や就職課の先生に自分の考えを話す事で気持ちを切り替える事が出来ました。周りの助けを借りながら就活を続けていくうちに自分の就活の軸が定っていきました。そして最後には丸石から内定を頂くことも出来ました。就活中辛い時期もありましたが、今丸石で働けている事を考えると、頑張った甲斐があったと思います。

Question02

丸石製薬に応募しようと思ったきっかけは?

私が丸石に応募しようと思ったきっかけは、1.医療に関わる会社で働きたかった事、2.社風が自分にマッチしていると感じたことです。大学では医療に関係する学科で勉強していた事もあり、医療に関連する会社に就職したいと考えていました。またアルバイトでは職場の仲間との繋がりが大事であることを学びました。就職先もそのような社風を持つ会社で働きたいと考えていた事から上記の二つを就活の軸にしていました。私が丸石製薬を知ったきっかけは逆求人型就活サイトでした。会社説明会や先輩社員を交えた座談会に参加し、丸石が周術期・消毒殺菌・局方品の分野において医療に大きく貢献してきたこと、仲間を大事にするアットホームな社風であることがわかり、応募する事を決めました。

Question03

面接のために何か特別な勉強をしましたか?

面接のために行った勉強は業界研究、企業研究、MR職について、面接の練習です。業界研究では、医薬品産業が抱える問題に対してそれぞれの企業がどのような戦略や対策をしているのかを調べました。企業研究では会社のHP、日刊薬業等を見ました。MR職については、MRが製薬企業にとってどのような存在であるか、業務内容、MRになるために必要な資質について調べました。面接の練習では、大学の就職支援室やアルバイト先の社員などに練習していただきました。

Question04

丸石製薬を選んだポイントは?

丸石製薬を選んだポイントは社風です。会社説明会や座談会で先輩社員に「御社に入社して一番良かったところは何ですか?」と訪ねた際、全員が「会社の雰囲気がアットホームな所」と答えていました。先輩社員の声を聞いて、丸石の社員の方々が『アットホームな社風』という共通の認識を抱いている事がわかり、自分の求めている社風とマッチしていると思いました。内定を頂いた後も会社についての不明点や疑問点も全て細かく丁寧に教えていただき、安心して入社式を迎える事が出来ました。これらの事を踏まえ、信頼出来る会社であると感じ、丸石製薬を選びました。

Question05

入社して間もないですが、入社前と入社後の印象は?

丸石製薬入社後の印象は教育・研修がとても充実している事です。入社前はMR試験に向けての勉強に大きな不安がありました。ですが入社後のMR研修はテキスト以外に多くの資料を使用し、またグループワークや発表など実践的に学習しているため、薬学を学んでいなかった私でもしっかり理解することができています。入社前、入社後の研修は主にMRに向けた研修のみだと思っていました。ですがMR研修以外に、医薬品の研究・開発・生産、それぞれの部門での実地研修もあり、実際に微生物を使用した実験や、工場で医薬品が製造される過程を見学・体験できました。MR職についての教育はもちろんですが、他部門についても学べたため、会社全体としての理解も深まりました。

Question06

入社して一番驚いたことは?

入社して一番驚いたことは、同期が大きな存在になる事です。同期は全部で11人おり、入社後2ヶ月間は全員で同じ研修を受けます。研修中はわからない所などを互いに教え合うなど、仲間思いな同期ばかりです。また私を含めたMR職の9人は寮生活をしており、食堂に集まってその日のわからなかった内容について復習をしたり、部屋に集まって話すなど、勤務以外での関わりも非常に多いです。東京から大阪に引っ越し、慣れない地での初めての一人暮らしは不安でした。しかし現在こうして充実した生活を送る事が出来ているのは、良き同期に恵まれているからだと思います。私にとって同期が特別な存在になるとは思っていませんでした。皆それぞれ各地に配属された後も、この繋がりを大事にしていきたいです。

Question07

現在研修中ということですが、会社の雰囲気を教えてください。

出勤時は寮に住んでいる同期全員で一緒に出社しています。社内では出勤時と退勤時に営業本部と人事総務本部に新入社員が全員で挨拶をすることになっています。毎日ひとりずつ、先輩社員の方々の前で一言話す時間があり、私たち新入社員のことを知ってもらう機会になっています。お昼休憩は全社員が食堂で昼食を取るため、集まってくる他部署の先輩社員と話す機会も多々あります。また部活動も盛んで、テニス部や囲碁部、野球部などが活動しており新入社員の多くが参加しています。どの先輩社員も私たち新入社員に対してとても優しく接してくださり、社内のアットホームな雰囲気を強く感じています。

Question08

丸石製薬の「和」の魅力は?

私が感じる丸石の「和」の魅力は、社員が大切にされている所です。入社式後、新入社員の控え室に会長が来て下さり、新入社員一人一人とお話する時間を設けてくださいました。新入社員研修では社長に、医薬品業界についての研修もしていただきました。会長をはじめ多くの先輩社員の方々が私たち新入社員に接してくださり、様々なことを細かく丁寧に研修・指導していただいているので、とても大切にされている印象を受けました。

休日の過ごし方Holiday

海外旅行が趣味で、1年に1回を目標に海外に旅行しています。キャンピングカーでアメリカ横断もしました。
本社での研修中は同期でBBQをしたり海に遊びに行ったり、たくさんの思い出もできました。
バイクも乗っており、最近では綺麗な景色やおいしいグルメを求めてツーリングにもよく行ったりしています。

私が思う丸石製薬に内定する秘訣Message

私が思う内定する秘訣は、丸石に就職したいという熱意、誠実で元気がある事の2点です。私は最終面接で退室間際に、「どうしても丸石製薬に入りたいと思っています、よろしくお願いします!」大きな声で頭を下げた思い出があります。咄嗟の行動だったので面接官には驚かれたかもしれませんが、この行動によって私の入社への思いが伝わったのではないかと思っています。面接中の言動は元気よくハキハキと話す事も意識しました。また、難しい質問などをされた時、分からない場合は正直に「申し訳ございませんが私にはわかりません。」と言える誠実さも大事だと思います。