麻酔・鎮静の情報 消毒・感染症の情報 製品紹介(一般向け)

消毒・感染症の情報

ノロウィルス
SARS
手指消毒の豆知識
災害時の消毒薬の使用方法と留意事項について
災害時での消毒薬の使用方法と留意事項について
ノロウイルス〜概要と消毒・感染対策〜
ノロウイルスはウイルス性胃腸炎の原因として代表的な小型球形ウイルス(SRSV)に属するノーウォーク様ウイルスが2002年に国際ウイルス学会で新しく命名されたものです。ノロウイルスは、カリシウイルス科、ノロウイルス属に分類されている直径約30nm(3×10-8m)のエンベロープを持たないRNAウイルスです。
酸性(胃酸)に強い抵抗があり、少量(10個〜100個程度の摂取)で感染します。食品中では増殖せず、人の腸管内で増殖します。患者の嘔吐物や糞便中には大量のウイルスが含まれており、また乾燥に強く二次感染の原因になります。
ノロウイルス Norovirus
Pagetop
ノロウイルス(感染症)
潜伏期間は24〜48時間(平均36時間)で、主症状は嘔気、嘔吐、下痢(激しい水様便)、差し込むような腹痛です。発熱は軽度で、症状は全般的に軽く、また、感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状の場合もあります。通常、2,3日で軽快しますが、老人や幼児、病弱な人はまれに重症化することがあります。
ウイルス性胃腸炎集団発生の最も重要な病原因子であり、小児から成人までの全年齢層に感染し、小児に散発性の急性胃腸炎(主に嘔吐)を、年長児から成人に集団食中毒(主に下痢)を起します。ノロウイルス感染による食中毒事件は年間を通して報告され、冬季に多発する傾向が全国的に見られます。
現在、このウイルスに効果のある抗ウイルス剤はありません。通常、脱水症状がひどい場合に点滴を行うなどの対症療法が行われます。
Pagetop
ノロウイルス(感染経路)
感染経路はほとんどが経口感染で、原因食品としては生カキなどの貝類が主で、その他、人の手指や調理器具を介して汚染されたとされるサラダやサンドイッチが報告されています。低温に強く、汚染された水や氷が感染源になる集団発生例もあり、特に液体のものが汚染されると集団感染は大規模になります。
感染力が強く、患者の吐物や便、その飛沫などから容易に二次感染を引き起こします。患者は回復後も数日〜数週間以上糞便中にウイルスが排泄され、環境(ドアノブ、カーテン、リネン類、日用品など)からもウイルスが検出されています。集団発生場所としては病院、介護施設が多く、その他、ホテル、飲食店、学校などがあげられています。
Pagetop
ノロウイルス(消毒剤感受性))

加熱(消毒対象物が85℃1分以上になる条件)が有効とされています。

消毒剤では次亜塩素酸ナトリウムが有効であり、エタノールや逆性石鹸はあまり効果がないとされています。しかし、エタノール製剤については添加物の違いにより効果に様々な報告があります。次亜塩素酸ナトリウムについても有機物(血液、体液、食物残渣)の存在により速やかに濃度や効果が低下するなど、注意が必要になります。

各種消毒剤の消毒効果の詳細及び関連する弊社製品についてはこちら(医療従事者のみ閲覧可能)

Pagetop
ロウイルス(感染対策)
ノロウイルスの感染経路は、汚染食品を介した経路と感染者からの二次感染に大別されます。食品を介した感染を防ぐには、ウイルスで汚染された食品の調理は加熱を十分に行うことが効果的です。また、調理器具の熱湯消毒・塩素消毒、手洗いや手袋の使用などが重要です。
人から人への感染予防としては、手洗いやうがいなどが重要とされています。標準予防策の徹底が最も重要で、その他接触予防策や飛沫予防策を実施し、適切な感染予防を行ってください。表にノロウイルスの感染防止対策について紹介します。


表、ノロウイルスの対する消毒法

手 指 石けんを用いた十分な手洗いが対策の中心になります。
エタノールはあまり効果がないとされていますが、手洗い後にエタノール含有手指消毒剤などを使用することにより追加効果が期待できます。
また、手袋を使用することが感染対策として有効ですが、他患者や周囲の環境を汚染しないよう、適切に交換することが必要です。
食 物 貝類、野菜など食品中のノロウイルスの失活化の温度と時間については、現時点においてこのウイルスを培養細胞で増やす手法が確立していないため、正確な数値はありませんが、同じようなウイルスから推定すると、食品の中心温度85℃〜90℃で90秒以上の加熱を行えば、感染性はなくなるとされています。
調理台、
調理器具
調理器具等は十分に洗浄した後、次亜塩素酸ナトリウム(ミルクポン®など)0.02%で消毒してください。また、まな板、包丁、へら、食器、ふきん、タオル等は熱湯(消毒対象物が85℃1分以上になる条件)での加熱が有効です。
糞便、
吐物
患者の吐物や糞便を処理するときには、使い捨てのマスクと手袋を着用し、汚物中のウイルスが飛び散らないように、静かに拭き取ってください。
床に付着した糞便や吐物は次亜塩素酸ナトリウム(ミルクポン®など)0.1%で拭き取ってください。
また、ノロウイルスは乾燥すると容易に空中に漂い、これが口に入って感染することがあるので、吐物や糞便は乾燥させないことが感染防止に重要です。
リネン類 ベッドマット、毛布、およびシーツなどのリネン類の消毒は、85℃・1分間以上の熱水洗濯が適しています。ただし、熱水洗濯が行える洗濯機がない場合には、次亜塩素酸ナトリウム(ミルクポン®など)0.02%の消毒が有効です。
環  境 ドアノブなどの環境を介した感染も考えられ、トイレ・風呂などを衛生的に保つことも求められる。消毒が必要な場合は消毒用エタノールによる二度拭き、あるいは次亜塩素酸ナトリウム(ミルクポン®など)0.02%などをご使用くだ さい。ただし、次亜塩素酸ナトリウムは金属腐食性があるため、その後水拭きして除去するなどの配慮が必要です。

ミルクポン®は次亜塩素酸ナトリウム1w/v%含有製剤のため、希釈してご使用ください。

汚物・吐物処理方法ムービー

監 修: 医療法人永広会法人本部QMC(SV)島田病院QMC医療安全管理室
院内感染管理責任者 感染管理認定看護師 森下 幸子先生


WMVファイル/再生時間:5分10秒(198MB)

ダウンロードされたムービーファイルはZIP形式で
圧縮されていますので解凍してからご覧ください。
ご利用環境によりダウンロードに時間がかかることがあります。

Pagetop
ロウイルス(参考資料)

1)厚生労働省「ノロウイルスに関するQ&A」
http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/kanren/yobou/040204-1.html
2)横浜市衛生研究所 横浜市感染症情報センター「ノロウイルスによる感染性胃腸炎について」
http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/eiken/idsc/disease/srsv1.html
3)J.C.Doultree et al.:J.Hosp.Infect.41,51-57,1999
4)東京都感染症情報センター「防ごう!ノロウイルス感染」
http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/assets/diseases/gastro/pdf-file/p-familly.pdf
5)広島市感染症情報センター「ノロウイルスによる感染性胃腸炎」
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/0000000000000/1265934252697/index.html
6)広島市食品保健課「いろいろな食中毒 ノロウイルス」
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/0000000000000/1110796433402/
7)国立感染症研究所感染症情報センター 病原微生物検出情報(LASR)
http://www.nih.go.jp/niid/ja/iasr-noro.html
8)国立感染症研究所感染症情報センター 病原微生物検出情報(IDWR)感染性胃腸炎
http://www.nih.go.jp/niid/ja/10/2096-weeklygraph/1647-04gastro.html

Pagetop
サイトマップ 更新履歴 お問い合わせ窓口 ご利用条件 個人情報保護基本方針 特定個人情報等基本方針 プライバシーポリシー
(c)2006 Maruishi Pharmaceutical. Co., Ltd. All rights reserved.
ウエルセプト ウエルセプト