麻酔・鎮静の情報 消毒・感染症の情報 製品紹介(一般向け)

麻酔・鎮静の情報

無痛分娩を受けられる方へ

監修:新宮 興 先生
    関西医科大学麻酔科学講座 教授

無痛分娩のしくみ

硬膜外鎮痛法は、腰から足にかけて下半身だけに軽い麻酔を行う部分麻酔です。
まず、細くて柔らかいカテーテルと呼ばれるチューブを腰の脊髄神経の近くにある硬膜外腔と呼ばれる場所に入れます。そして、このカテーテルから局所麻酔薬とオピオイド鎮痛薬を混ぜて注入します。

子宮が収縮する度に起こるお腹の痛みいわゆる陣痛や、産道が広がるために起こる分娩前の強い痛みは、腰から下の脊髄神経に集まり脳に伝えられます。
硬膜外腔に注入された鎮痛薬は局所で作用し、脊髄神経に伝わる痛みの信号を止めることができます。このおかげで産婦さんは痛みを感じにくくなります。

カテーテルはベッドの上で横もしくは座った姿勢で背中を消毒してから入れます。皮膚表面に必ず痛み止めを行ってから入れますのであまり痛くはありませんが、入れている間は急に動かないよう注意が必要です。カテーテルを入れるタイミングは様々ですが、産婦さんと相談しながら決めることがほとんどです。

サイトマップ 更新履歴 お問い合わせ窓口 ご利用条件 個人情報保護基本方針 特定個人情報等基本方針 プライバシーポリシー
(c)2006 Maruishi Pharmaceutical. Co., Ltd. All rights reserved.