麻酔・鎮静の情報 消毒・感染症の情報 製品紹介(一般向け)

麻酔・鎮静の情報

手術で麻酔を受けられる方へ

監修:新宮 興 先生
    関西医科大学麻酔科学講座 教授

手術のあと

手術麻酔後の患者さんの苦痛となるものには、痛み、吐き気や嘔吐、尿カテーテルによる不快感、寒気や体の震え、喉の痛み、疲労感などがあります。

麻酔科医はこれらの苦痛をできる限り減らす工夫をしていますが、まだ全てを除き切れていません。これらの苦痛があれば病棟のスタッフへお伝えください。

また、手術麻酔後にまれに起こりうることに、気管支痙攣(喘息発作)・咽頭痙攣や、薬物アレルギー、歯牙損傷、肺炎(誤嚥性肺炎)などがあります。あらかじめ知っておいてください。

局所麻酔を用いる場合、局所麻酔後に起こりうることもご覧ください。

サイトマップ 更新履歴 お問い合わせ窓口 ご利用条件 個人情報保護基本方針 特定個人情報等基本方針 プライバシーポリシー
(c)2006 Maruishi Pharmaceutical. Co., Ltd. All rights reserved.