トップページ > よくある質問(Q&A) > 注射用エラスポール®100

よくある質問(Q&A)

【ご利用にあたっての注意】
「よくある質問(Q&A)」は主な製品について、お問い合わせの多いご質問とその回答を医療関係者向けに作成したものです。なお、「よくある質問(Q&A)」の内容は医薬品の適正使用にあたっての参考情報であり、全てのケースにあてはまる情報ではありません。そのため「よくある質問(Q&A)」の利用に伴って生じた結果については、責任を負いかねますのでご了承ください。製品の使用にあたっては、最新の添付文書をご確認ください。

お問い合わせの際ご提供いただく個人情報につきましては、当社の「個人情報保護基本方針」に則り適切にお取扱いいたします。

当社の製品情報に関するお問い合わせは電話(フリーダイヤル)で承っております。
お電話を正確に承るため通話内容を録音させていただいておりますのであらかじめご了承ください。
また、通信の不具合等の際に折り返しご連絡させていただくため、電話番号が非通知の場合にはつながらないように設定させていただいております。
なお、個別のご病気や治療法などの医療行為にかかわるお問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。

お問い合わせ先

※当社は日本製薬工業協会が提唱する「くすり相談窓口の役割・使命」に則りくすりの適正使用情報をご提供しています。

医療関係者様専用インターネットからのお問い合わせは「お問い合わせ窓口」をご利用ください。

注射用エラスポール®100

Q 生理食塩液以外の輸液でも溶解できますか?
A

生理食塩液以外の輸液でも配合変化試験を実施していますので、詳細は本剤のインタビューフォーム(1)、配合試験成績(2)をご参照ください。
 本剤1バイアル(100mg)を10mLで溶解可能であった輸液は、5%ブドウ糖液、キリット注5%、グリセオール注、KN1号輸液、ソルデム1輸液、ソルデム3A輸液、低分子デキストラン糖注、マルトス輸液10%などです。カルシウムを含む輸液では溶解できません。

 (注)本剤の用法・用量は、「通常、本剤を生理食塩液に溶解した後、1日量(シベレスタットナトリウム水和物として4.8mg/kg)を250~500mLの輸液で希釈し、24時間(1時間当たり0.2mg/kg)かけて静脈内に持続投与する。投与期間は14日以内とする。」です。


参考資料
(1)インタビューフォーム:Ⅳ.製剤に関する項目 7.他剤との配合変化(物理化学的変化)
(2)注射用エラスポール100 配合試験成績

医療関係者の方へ

このウエブサイトは、国内の医療関係者(医師、薬剤師、
看護師等)を対象に、医療用医薬品等を適正にご使用いただくための情報を提供しています。
一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

 *このサイトをご利用の前に必ずご利用条件をお読みください。

医療関係者ではない方
  • コーポレートサイトトップへ
  • 麻酔・鎮静の情報
  • 消毒・感染症の情報
  • 製品情報(一般の方向け)
医療関係者の方
  • 医師
  • 薬剤師
  • 看護師
  • その他医療機関関係者
  • その他