トップページ > よくある質問(Q&A) > 消毒用エタノール<一般用>

よくある質問(Q&A)

【ご利用にあたっての注意】
「よくある質問(Q&A)」は主な製品について、お問い合わせの多いご質問とその回答を医療関係者向けに作成したものです。なお、「よくある質問(Q&A)」の内容は医薬品の適正使用にあたっての参考情報であり、全てのケースにあてはまる情報ではありません。そのため「よくある質問(Q&A)」の利用に伴って生じた結果については、責任を負いかねますのでご了承ください。製品の使用にあたっては、最新の添付文書をご確認ください。

お問い合わせの際ご提供いただく個人情報につきましては、当社の「個人情報保護基本方針」に則り適切にお取扱いいたします。

当社の製品情報に関するお問い合わせは電話(フリーダイヤル)で承っております。
お電話を正確に承るため通話内容を録音させていただいておりますのであらかじめご了承ください。
また、通信の不具合等の際に折り返しご連絡させていただくため、電話番号が非通知の場合にはつながらないように設定させていただいております。
なお、個別のご病気や治療法などの医療行為にかかわるお問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。

お問い合わせ先

※当社は日本製薬工業協会が提唱する「くすり相談窓口の役割・使命」に則りくすりの適正使用情報をご提供しています。

医療関係者様専用インターネットからのお問い合わせは「お問い合わせ窓口」をご利用ください。

消毒用エタノール<一般用>

Q エタノール過敏の方に使用できる消毒剤は?
A

消毒用エタノールにて作製した酒精綿を使用し、皮膚に発疹、発赤等の過敏症が生じた場合、代用できる消毒剤としてはまず70%イソプロパノールがあげられます。これはエタノールに対してアレルギー反応を示す人が、イソプロパノールではほとんど示さなかったことが報告されているからです。
その他、代用できるものとしてポビドンヨードがあります。なお、ポビドンヨードは人によっては過敏症が起きる場合があり、また、褐色でヨウ素特有の臭いがあります。ポビドンヨードが使用できない場合は、ベンザルコニウム塩化物、クロルヘキシジングルコン酸塩、両性界面活性剤等の消毒剤しか使用できなくなります。これらは、消毒用エタノールやポビドンヨードに比べ殺菌効果が低い薬剤であり、管理が悪いと細菌汚染を受け、院内感染を起こす可能性もあり、使用にあたっては十分注意する必要があります。

 

参考資料

 渡辺加代子、他:皮膚 198022(3):390-3.【8991】

医療関係者の方へ

このウエブサイトは、国内の医療関係者(医師、薬剤師、
看護師等)を対象に、医療用医薬品等を適正にご使用いただくための情報を提供しています。
一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

 *このサイトをご利用の前に必ずご利用条件をお読みください。

医療関係者ではない方
  • コーポレートサイトトップへ
  • 麻酔・鎮静の情報
  • 消毒・感染症の情報
  • 製品情報(一般の方向け)
医療関係者の方
  • 医師
  • 薬剤師
  • 看護師
  • その他医療機関関係者
  • その他
医療関係者で会員登録をご希望の方
  • 新規会員登録
  • 会員登録のご案内