よくある質問

マグミット®錠330mg<後発品>

Q 分包後の安定性は?
A

分包後は、吸湿により崩壊時間が遅延しますので、湿気に注意して保管することが必要です。
なお、330mg錠をセロポリあるいはグラポリで分包し、暗所25±2℃、75±5%RHにおいて12週間保管した場合の、崩壊時間(秒)、質量変化(%)を示します。

 

 

 

 

 

        暗所25±2℃、75±5%RH                     平均値(n=3)

参考資料
 協和化学株式会社社内資料: マグミット錠330mgの分包(セロポリ及びグラポリ)中での安定性試験

医療関係者の方へ

このウエブサイトは、国内の医療関係者(医師、薬剤師、
看護師等)を対象に、医療用医薬品等を適正にご使用いただくための情報を提供しています。
一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

 *このサイトをご利用の前に必ずご利用条件をお読みください。

医療関係者ではない方
  • コーポレートサイトトップへ
  • 麻酔・鎮静の情報
  • 消毒・感染症の情報
  • 製品情報(一般の方向け)
医療関係者の方
  • 医師
  • 薬剤師
  • 看護師
  • その他医療機関関係者
  • その他