よくある質問

マグミット®錠250mg<後発品>

Q 高マグネシウム血症に対してどのような注意が必要ですか?
A

酸化マグネシウム製剤を長期間服用している患者様、腎障害を有する患者様、高齢者の方は、高マグネシウム血症を起こしやすくなっていますので、定期的に血清マグネシウム濃度を測定するなど十分に注意して下さい。
なお、悪心・嘔吐等の高マグネシウム血症の初期症状があらわれた場合には、服用を中止し、直ちに医療機関を受診するよう患者様にご指導ください。

また、便秘症の患者様では、腎機能が正常な場合や通常用量以下の投与であっても、高マグネシウム血症を発症する可能性がありますので合わせてご注意下さい。

詳しくは2015年10月の「酸化マグネシウム製剤 適正使用に関するお願い-高マグネシウム血症-」をご確認下さい。

参考資料
 添付文書:【使用上の注意】 2.重要な基本的注意

医療関係者の方へ

このウエブサイトは、国内の医療関係者(医師、薬剤師、
看護師等)を対象に、医療用医薬品等を適正にご使用いただくための情報を提供しています。
一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

 *このサイトをご利用の前に必ずご利用条件をお読みください。

医療関係者ではない方
  • コーポレートサイトトップへ
  • 麻酔・鎮静の情報
  • 消毒・感染症の情報
  • 製品情報(一般の方向け)
医療関係者の方
  • 医師
  • 薬剤師
  • 看護師
  • その他医療機関関係者
  • その他