よくある質問

注射用エラスポール®100

Q 透析患者に使用する場合、投与量の調節は必要ですか?
A

投与量を調節する必要はないと考えられます。本剤は肝臓で代謝され、主に尿中に排泄されますが、代謝物には活性がほとんどありません。また、透析による除去率については、持続的血液濾過透析(CHDF)施行時と非施行時の血漿中薬物濃度を測定した結果、ほとんど差がありませんでした。(1)血漿蛋白結合率は95%以上と高値であることからも透析膜は通過しにくいと考えられます。

 

参考資料

平澤博之、他:臨床医薬1998;14(2) :349-361.【ELA05A0009A】

医療関係者の方へ

このウエブサイトは、国内の医療関係者(医師、薬剤師、
看護師等)を対象に、医療用医薬品等を適正にご使用いただくための情報を提供しています。
一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

 *このサイトをご利用の前に必ずご利用条件をお読みください。

医療関係者ではない方
  • コーポレートサイトトップへ
  • 麻酔・鎮静の情報
  • 消毒・感染症の情報
  • 製品情報(一般の方向け)
医療関係者の方
  • 医師
  • 薬剤師
  • 看護師
  • その他医療機関関係者
  • その他