よくある質問

注射用エフオーワイ®500

Q 中心静脈から投与する際、輸液量を減らしても良いですか?
A

本剤は高濃度で血管内壁を障害し、静脈炎や硬結、潰瘍・壊死を起こすことがあるので、末梢血管から投与する場合と同様、原則、本剤100mgあたり50mL以上の輸液(0.2%以下)で点滴静注してください。また、どうしても高濃度で投与しなければならない場合でも1%以下を目安としてください。なお、配合変化が多い薬剤ですので、他の併用薬との配合変化にもご注意ください。

参考資料

 添付文書:【用法・用量】 用法・用量に関する使用上の注意
 注射用エフオーワイの安全性情報について(冊子)2019年4月

医療関係者の方へ

このウエブサイトは、国内の医療関係者(医師、薬剤師、
看護師等)を対象に、医療用医薬品等を適正にご使用いただくための情報を提供しています。
一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

 *このサイトをご利用の前に必ずご利用条件をお読みください。

医療関係者ではない方
  • コーポレートサイトトップへ
  • 麻酔・鎮静の情報
  • 消毒・感染症の情報
  • 製品情報(一般の方向け)
医療関係者の方
  • 医師
  • 薬剤師
  • 看護師
  • その他医療機関関係者
  • その他