トップページ > 主な製品紹介 > ウエルフォーム

ウエルフォーム

ウエルフォームは泡の手指消毒剤として開発しました。

感染対策の基本とされる手指衛生。手指衛生の遵守率の向上が求められています。
ウエルフォームは、遵守率向上に貢献できる製品を、との思いで、“使ってみたくなる” “使い続けたくなる”製品を目指し、“泡”という剤型で開発されました。
アルコールは本来、消泡剤として利用されています。
そのため、アルコールの濃度が高くなるほど、泡にするのは難しくなります。
ウエルフォームは、クロルヘキシジングルコン酸塩(0.2w/v%)を主成分としながら、消毒用エタノールと同濃度(約80vol%)のエタノールを含有し、医療現場(病棟等)での手指消毒に求められる消毒効果(in vivo)を保持しつつ、泡化を実現しました。

ウエルフォーム拡大写真(光学顕微鏡100倍)

の速乾性手指消毒剤

泡の速乾性手指消毒剤

見える

泡が目に見えるので、消毒範囲が確認できます。また、泡が消えるまでぬり広げることが消毒時間の目安にもなります。

塗布範囲に関する検討 >

詰まらない ヨレない

増粘剤が入っていないので、ポンプが詰まりません。また、手に擦り込んでもヨレが出ません。

*ヨレ:増粘剤入りの消毒剤や化粧品を手に擦り込んだ際に出る、糊状の剥離物です。

リチルレチン酸やトコフェロール酢酸エステルなどを含有しています。

々な容量をご用意しています。

様々な容量をご用意しています。80mL、180mL、360mL、1L電動ディスペンサー用、1L手動ディスペンサー用の5タイプがあります。手摺や壁はもちろん、カートに設置したり、ポーチで携帯するなど、いつでもどこでも手に届くところでご使用いただけます。

療現場(病棟等)での手指消毒薬としての薬効を評価(in vivo)

日本環境感染学会から提案されている「生体消毒薬の有効性評価指針:手指衛生2011」に準拠(US-TFM)し、ASTM E1174(医療従事者対象の衛生(学)的手指消毒薬としての評価法)を用いて、ウエルフォームの手指消毒薬として薬効評価を行い、基準に適合していることを確認しています。

作用

皮膚の発疹・発赤、かゆみがあらわれた場合は、直ちに使用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

*日本環境感染学会「生体消毒薬の有効性評価指針:手指衛生2011」(抜粋)

ASTM(US-TFM)標準試験法に基づく消毒薬の薬効評価法
★ASTM E1174(医療従事者対象の衛生(学)的手指衛生消毒薬)

使用場面及び目的:医療従事者が、医療現場において、患者との接触前後などに日常繰返し実施する
手指衛生(手指通過菌 transient skin flora による交差汚染を防止する目的)
判定基準:in vivo(グローブジュース法)
・1回消毒、5分後:2log10 reduction ・10回消毒、5分後:3log10 reduction

※補足説明:“log10 reduction”の用語は、菌数が初発菌数の10分の1に減少する対数減少を示す。
(例えば、1,000,000(106)個のコロニーが1,000(103)に減少した場合には、3log10 reductionと表現)

医療関係者の方へ

このウエブサイトは、国内の医療関係者(医師、薬剤師、
看護師等)を対象に、医療用医薬品等を適正にご使用いただくための情報を提供しています。
一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

 *このサイトをご利用の前に必ずご利用条件をお読みください。

医療関係者ではない方
  • コーポレートサイトトップへ
  • 麻酔・鎮静の情報
  • 消毒・感染症の情報
  • 製品情報(一般の方向け)
医療関係者の方
  • 医師
  • 薬剤師
  • 看護師
  • その他医療機関関係者
  • その他
医療関係者で会員登録をご希望の方
  • 新規会員登録
  • 会員登録のご案内