トップページ > 主な製品紹介 > マグミット錠250mg・330mg・500mg

マグミット®錠250mg・330mg・500mg 主な製品紹介

マグミット錠250mg・330mg・500mg

マグミット®錠250mg・330mg・500mgの特徴

  1. 日本薬局方 一般試験法 崩壊試験法に準じた試験では、250㎎錠:6~7秒、330㎎錠:7~8秒、
    500㎎:7~9秒の崩壊時間を示しました。
  2. 診療報酬上の後発医薬品に該当します。
  3. 重大な副作用として、高マグネシウム血症を起こすことがあります。(頻度不明)

PTP包装外観

マグミット®錠は酸化マグネシウムの含有量別に250㎎:緑、330㎎:青、500㎎:ピンクと色分けしています。

医療関係者の方へ

このウエブサイトは、国内の医療関係者(医師、薬剤師、
看護師等)を対象に、医療用医薬品等を適正にご使用いただくための情報を提供しています。
一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

 *このサイトをご利用の前に必ずご利用条件をお読みください。

医療関係者ではない方
  • コーポレートサイトトップへ
  • 麻酔・鎮静の情報
  • 消毒・感染症の情報
  • 製品情報(一般の方向け)
医療関係者の方
  • 医師
  • 薬剤師
  • 看護師
  • その他医療機関関係者
  • その他
医療関係者で会員登録をご希望の方
  • 新規会員登録
  • 会員登録のご案内