現在の仕事とやりがい


何事にも主体的に取り組める点が
仕事を進める上で大きな魅力

大学では、再生医療に関する研究室にて、皮膚の再生剤の合成などを手がけていました。そこで学んだ化学の知識を活かす仕事を探した結果、当社の品質管理部で勤めることとなったのです。
入社以来、液剤や粉末、軟膏といった製品の理化学試験を網羅してきました。また、製品の長期保存に欠かせない安定性試験をはじめ、各部門からの依頼試験、品質情報への対応試験など、これまでに手がけてきた試験は多岐にわたります。加えて、問い合わせへの回答、クロマトグラフに用いるカラムや廃棄試薬などの管理、業務を委託している企業への訪問調査なども経験してきました。
現在は、液剤や軟膏などの製品に関する品質業務を担当しています。最新のガスクロマトグラフや液体クロマトグラフなどを用いて、理化学試験を実施し製品の成分が正しいことを科学的に証明するのが仕事です。正確かつスピーディに試験を行うとともに、単に数値結果を報告するだけでなく、思いやりの心を大切に、製造部門の方々や医師、さらには患者さんのことまでも配慮して、品質管理の業務に取り組んでいます。
最近は膨大な量の試験データを蓄積、管理するための新たなサーバシステムの構築に向けた委員会のメンバーも務めています。製品の安全や安心、そして安定供給に向けて、自らが仕事に主体的に取り組める点が、大きなやりがいとなっています。

丸石製薬のここが魅力


常に新たなことに挑戦する姿勢を
大切にする製薬会社

学生の皆さんの視点からすると、品質管理の業務は日々、決められた試験を行うだけの仕事と思われるかもしれません。しかし、当社での取り組みは大きく異なります。入社当初より上司からは「常に新たなことに挑戦する姿勢を大切に」と指導されてきました。実際、メンバーの一人ひとりが「自分たちが品質を守っている」という強い使命感のもとで試験を行い、その結果を正しく評価することに努めています。もし課題があれば、それを解決する提案を積極的に行い、より良い製品づくりへの貢献をめざしています。
また、ルーティンの試験に加えて、ある製品の有効期限の延長を意図した安定性試験を任され、多数の検体について試験を実施しました。大きな仕事をやり遂げたことで、自分に自信を持つことができ、さらに高いレベルに挑戦しようという気持ちが湧いてきたのです。若いうちから幅広い仕事に取り組めるという点は、当社の大きな魅力の一つだと思います。
また、業務によっては短期間で大量の検体を調べる必要に迫られることがあります。そうした際はグループのメンバーがお互いの持ち味を発揮して、臨機応変に対応することで期限までに完了させています。団結力のあるチームという点も、当社の強みだといえるでしょう。

8:30
出社。メールの確認など。
9:00
製造現場にてサンプリング。検体をすぐさま試験室に持ち帰り、比重測定などを実施。その結果を現場に知らせて、次工程の作業を進めてもらう。
13:00
原料および充填完了製品などの品質試験を実施。また、製品の長期安定性などに関する試験も併行して行う。
16:00
カラムなど使用器具の片づけ、報告書などの書類作成。
17:00
帰宅。

将来の抱負


より使いやすい製品づくりに
役立つ仕事をめざしたい

これまで品質管理という業務の中で、創意工夫の重要性を学びながら、成長をめざしてくることができました。今後もこの姿勢を大切にして、製品の安定供給と安全・安心をさらに追求していきたいと願っています。
また、医師をはじめとする製品の利用者の方々にとって、より使いやすい製品づくりもまた大切な使命です。そのための改善提案などもエビデンスをしっかり示した上で意欲的に取り組んでいきたいです。
当社は在籍年数に応じた研修や英語研修、女性のためのキャリアアップ研修など、研修制度が充実しています。グループディスカッションを通じて業務の改善を考える研修などもあり、仕事のモチベーションを高めるきっかけとなっています。こうした機会をしっかり活かすことで、品質管理のエキスパートとして社内外から信頼され、ひいては患者さんために貢献できる存在をめざしていきたいのです。

友人と料理を囲む、充実したひととき

ここ1~2年は料理を作ることに新たな楽しみを見いだしています。週末には友人を自宅に招いて一緒に料理を勉強しながら、でき上がった料理を囲んで充実した時間を過ごしています。ちなみに得意料理はラザニアです。料理は正しいマナーや食べる人への思いやりが大切で、より良い製品づくりをめざす自分の仕事に通じるところがあるのでは、と感じています。また、学生時代から海外の文化に興味があったことから、連休を利用して旅行に出かけるのも趣味の一つです。