動物実験における倫理的配慮

動物実験における倫理的配慮

人々の健康に役立つ医薬品は、その研究及び開発の段階において、安全性や有効性を確認するために動物実験を行うことは必要不可欠です。

当社では「動物の愛護及び管理に関する法律」及び当法律に基づいた「実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準」並びに「厚生労働省の所管する実施機関における動物実験等の実施に関する基本指針」の趣旨を十分反映し、代替試験法の採用(Replacement)、動物数の削減(Reduction)、苦痛の軽減(Refinement)の3Rを原則に、実験者/委託者の責任(Responsibility)を加えて動物実験の基本理念としております。動物実験実施に際しては、その計画から終了報告まで一貫して、これら基本理念に基づいて実践されるように取り組んでおります。

動物実験実施者については、教育訓練を定期的に実施し、適正な動物実験の実施や実験動物に関する飼養及び保管に関する知識を習得させ、資質の向上を図っております。また、実験動物を使用する場合、社内試験のみならず社外委託試験においても動物福祉に配慮し適切に実施されるように、社内規程を策定し、あらかじめ動物実験委員会の審査を実施しております。さらに、動物実験及び動物飼育管理について、社内の自己点検・評価を定期的に実施し、適正に行われていることを最新の情報も考慮して確認し、改善に努めると共に動物実験の科学性と倫理性の維持・向上に努めております。

当社は、平成28年3月(初回:平成25年3月)に第三者機関である公益財団法人ヒューマンサイエンス振興財団(動物実験実施施設認証センター)より、「厚生労働省の所管する実施機関における動物実験等の実施に関する基本指針」に適合した施設として認定されております。

 

Pagetop

サイトマップ 更新履歴 お問い合わせ窓口 ご利用条件 個人情報保護基本方針 特定個人情報等基本方針 プライバシーポリシー
(c)2006 Maruishi Pharmaceutical. Co., Ltd. All rights reserved.